タグ:藤原妹紅




 どうせ暇を貰うのだから、空は青く澄み渡る様な晴れの日であって欲しいと思う願いが通じた様に、いや、主の手前そんな事を願うのは有りなのか無しなのかはこの際置いといて、お天道様が聞き入れてくれた心地よい日差しの中、里をるんるんと闊歩してみれば面々何だかその陽気に中てられた様な顔をしているので、それにつられるかの如く私もついつい頬が緩んでしまうのも仕方が無い事なのである。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




「頭が痛い」

 生ぬるくなった茶を啜りその渋さをどこか他人事の様に感じながら、ぽつりぽつりと呟いてみる。

「別に嫌だとかそういうわけではなくてだな。自分で選んだ役目だからな。そこについては何も問題はない」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※東方projectです。
※地の文です。




 私の目の前では、巫女が泣いている。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※東方projectです。
※地の文です。







 どうしてだろうか。



 私はちゃぶ台を挟んだ対面に胡座をかく妹紅を見ながら、考える。



 どうして妹紅は、よく胡座をかくのだろう。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ