タグ:四条貴音

※管理人の強い要望により、作者様に掲載を許可して頂きました
※ 素敵です。是非原曲実と共に読んで頂きたい
※よろしければ参考動画もどうぞ








貴音「貴方様… 何ゆえ、わたくしの前にお姿をお見せになったのですか」 








続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※「新しいファッション」というテーマを頂きました



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしって」

響「うん」

貴音「おしゃれなのですよ」

響「うん」

貴音「はい」






響「なにそれ」

貴音「そうなんです」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※若干の手直しがあります



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

「真に、静かですね」

「うん」

本当に静かだ。
これが自分達の最期と思うと、余計に静かに感じちゃって。

「貴音、痛まないか?」

貴音の目には、赤々しく染まった包帯がぐるぐると巻かれている。
けどその包帯ももう役目を果たしてなくて、貴音の頬には赤い雫の跡が何本も通っていた。

「ええ、大丈夫ですよ。それよりも、響の方は大丈夫なのですか?」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

響「あれだぞ、あれ」のパラレル物となっております



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ねぇ」

貴音「はい」

響「透明な袋、なんだけどさ」

貴音「はい」

響「名前が分からないんだよね」

貴音「それは困りました」






響「うん」

貴音「」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


貴音「あずさ」

あずさ「貴音ちゃん」

貴音「勝負です」

あずさ「はい」






貴音「」タンタン タンタン

響「レッツゴー レッツゴー」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


貴音「なにもそこまで驚かなくとも」

響「だって寝てたと思ってたから」

貴音「目覚めてしまったのです」

響「ごめん」

貴音「早く布団に戻りましょう、怖いわけではありません」

響「すぐ戻るから先にいってて」

貴音「怖いわけではないのです」






貴音「えぇ、怖いわけでは」

響「怖いんじゃん」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※若干の手直しがあります
※よろしければ参考動画もどうぞ



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

 
律子「や、やめなさい……」

あずさ「律子さん!!」

春香「ま、また」

美希「やっぱり卑怯なの!!」

響「た、貴音?」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※若干の手直しがあります
※よろしければ参考動画もどうぞ



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


響「や、やめてぇ!!」

美希「卑怯なの!!」

春香「くっ……!!」

千早(セリフ取られた)

小鳥「でも……、もうカップ麺なんて」

貴音「では買ってくるのです!! わたくしは本気ですよ!!」ググッ

響「うぅ……」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ここを切り抜ければ……」

響「決めてやる」



貴音「……はあっ!!」シュッ

響「うりゃあ」ブン






カキーン

貴音「っ!?」

響「あっ」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※若干の手直しがあります



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


貴音「こまつな」

響「ななくさ」

貴音「さざえ」

響「……えいがかん?」

貴音「ふふっ、響の負由」






響「ほら、映画館」ギュ

貴音「にゃんと」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ