☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「貴音」

貴音「はい?」

響「髪の色なんだけど」

貴音「えぇ」

響「貴音の髪の色って」






響「タマネギ色だよね」

貴音「響」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「はい」

貴音「銀色」

響「えっ」

貴音「銀色です」

響「銀色」

貴音「そうです」






響「でもタマネギ」

貴音「響」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「たまねぎが好きなのですか?」

響「おいしいよね」

貴音「そうですね」

響「でも旬っていつなんだろ」

貴音「一年中と聞いたことがあります」

響「ほぅ」






響「いいなぁタマネ」

貴音「原由実」

響「待て」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なにか」

響「今なんて」

貴音「原由実」

響「やめ」






貴音「いい加減にしなさい!!」ムギュ

響「いひゃああああ!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「はやぁ……、はやぁ……!!」

響「な、なんで自分が」

貴音「なにゆえ」

響「えっ」






貴音「なにゆえ由実を禁止するのですか」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「言由実」

響「だ、だって」

貴音「響由実」

響「お願いだから」






貴音「原由実原由実原由実」ガクガク

響「た、貴音ぇ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

やよい「響さん?」

響「貴音がぁ!!」ガシッ

貴音「由実色ボタン」

やよい「違う」

貴音「えっ」



やよい「ナス色ボタン」






やよい「」ダッ

あずさ「トェェェェイ」ダッ

貴音「ハャャャャア」バタン

響「貴音ええええ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「はっ」



貴音「ここは……?」



貴音「響?」



貴音「とても暗いのですが……」






ガッ

貴音「きゃああああ」バラバラ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしはあいどる」

貴音「違います」

貴音「わたくしが四条貴音」

貴音「しかし」

貴音「わたくしこそ原由実」

貴音「いや」

貴音「わたくしでも星をみるひと」






貴音「さいきっく?」パチン


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「寒由実」

貴音「わたくしは復活していません」



貴音「寒由実」

貴音「かりうなど存じません」



貴音「寒由実」

貴音「はらが でて くるしい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「違うのです」

貴音「時は流れてしまいました」

貴音「わたくしはすたぁげいざぁ」






貴音「天空の悲劇女優」

貴音「見つめしは夜浮の眸」

貴音「船出は処女航海と名付けられ」

貴音「命をも咲かす星の流れよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『はらみぃは、原由実という名前の魅力にお気づきでしょうか。』



貴音「わたくししか気づいて?」



貴音「そんな」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『至って容易く、 

嬉しい→嬉由実 
悲しい→悲由実 
楽しい→楽由実 
怖い→怖由実 

のように「原」部分を他の言葉に変えて発する、または書くだけで成立するのです。 

なんと簡由実。 

いかがでしょうか。 
この『由実語』を使用していただけるのであれば、ふぁん冥利に尽きるの一言。 

ご検討をば。』


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

たかね「じいや」

たかね「はらゆみとはなんですか」

たかね「ひっ」



たかね「だしてください!!」ドコドコ






たかね「いやああああ」カチャカチャ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響」



貴音「どこにいるのですか」



貴音「わたくしはここにいます」






響「んふっ」

貴音「響!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「探しましたよ」

響「私も」

貴音「……響?」

ひびき「うん?」

貴音「えっ」






由実「名札的なものとか名前がわかるものを身につけてくだされば」

貴音「ち、違っ」

由実「久々に皆さんと直接お話できて、すごく楽しかったです」

貴音「いやああああああああ」


☆ :貴音に変わりまして原由実!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実  貴音  原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実
原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実原由実


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ピッ



ピッ



ピッ






響「……貴音」


☆ :貴音に変わりまして響!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「今日も自分、レッスンだった」

響「笑顔が足りないんだってさ」

響「頑張って笑ってるつもりなんだけどなぁ」






響「やっぱり、ダメなのかな」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「……ううん、そんなことない」

響「自分約束したもんね」

響「貴音が治るまで頑張るからって」

響「……っ」






響「ごめん」

響「今日は疲れちゃったから帰るね」

響「ばいばい、貴音」



パタン

貴音「はら、ゆみ、はら、ゆみ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! [harayumi] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

小鳥「響ちゃん」ヒシッ

響「貴音ぇ……、貴音ぇ……!!」

小鳥「絶対、絶対に良くなるから」



響「自分が止めてれば」

小鳥「……響ちゃん」

響「自分が原由実を止めていれば!!」

小鳥「響ちゃん!!」ギュッ






響「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

小鳥「……絶対に、帰ってくるから」ポロポロ


☆ :VTRにかわりまして高槻やよい!! [nasu] 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

やよい「あなたの大切な人を守りたい」



やよい「原由実乱用」



やよい「ダメ、ゼッタイ」






ナス「んふっ」ガシッ

やよい「えっ」

                                                                            終