※「新しいファッション」というテーマを頂きました



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしって」

響「うん」

貴音「おしゃれなのですよ」

響「うん」

貴音「はい」






響「なにそれ」

貴音「そうなんです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「まぁ、確かにおしゃれさんかも」

貴音「『かも』ではなく『だぞ』です」

響「おしゃれさんだぞー」

貴音「えくせれんと」






響「……つまり?」

貴音「ふぁっしょんです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ファッション?」

貴音「新しいふぁっしょんをば」

響「開拓だ」

貴音「わたくしになら出来ます」

響「なにゆえ」






貴音「強いから♪」スタッ

響「なんと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「耐えるまでもないんだ」

貴音「目指せかりすま」

響「ほぅ」



貴音「……そふぃてぃあ」スゥ

響「これが、カリスマ……!?」






貴音「意味が分かりません」

響「自分も」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしはふぁっしょんりぃだぁなるものに」

響「確かにかっこいいかも」

貴音「でしょう」



響「きゃー、サインくださーい」

貴音「後で」キリッ






響「ほぅ」

貴音「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「見た目も流行りもすべては心です」ドヤ

響「はい」

貴音「では早速台所に」

響「うん」






響「えっ」

貴音「早く行きますよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ちゃんと整理されていますね」ガタゴト

響「ねぇ」

貴音「この寸胴鍋はわたくしのために?」ゴトッ

響「いや」

貴音「ふふっ、かわいいやつめ」ツン






響「それ、パスタ鍋」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ひとり暮らしだと要らなかったんだよね」

貴音「ぱすたは嫌いでしたか?」

響「最近はフライパンでやっちゃうから」

貴音「なるほど」






響「じゃなくて」ペチ

貴音「はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ファッションでしょ」

貴音「もちろん」

響「台所?」

貴音「普通の鍋を」ゴトッ






貴音「かぶるのです」カポッ

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「これは面妖」

響「そんな」

貴音「いざというときの護身にも」

響「貴音がおかしくなっちゃった」ペタッ

貴音「なんと」






響「元からか」スタッ

貴音「待ちなさい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ふざけてるでしょ」

貴音「響」

響「鍋って」

貴音「最初にごぉやを食べた人はふざけていましたか」

響「えっ」

貴音「では、うにを食した人は」

響「ふ、ふざけてはないけど」






貴音「そういうことなのです」ドヤ

響「違う、絶対違う」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「すごい、すごいぞ貴音!!」

貴音「やめなさい響、人前ですよ」

貴音「自分、もう感動しちゃって……!!」ポロポロ

貴音「ふっ」



貴音「貴音はやっぱりかりすまさー……!!」






響「ちゃんと洗ってね、鍋音」

貴音「鍋音!!!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どうしてわたくしが」ゴシゴシ

響「当然だぞ」

貴音「ついでですので他も洗いますね」ジャア

響「あ、自分も手伝う」






貴音「おたまを腰に」サッ

響「却下」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ぐすん」

響「ふぅ」

貴音「どうしてふぁっしょんが洗い物に」

響「助かっちゃった」

貴音「斬新でしたのに」

響「自分鍋音とは踊れないの」

貴音「なにも被っていない自分が恥ずかしくて?」

響「同じ事務所として恥ずかしくて」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「くろぉぜっとですよ、くろぉぜっと」

響「自分オシャレだからな」

貴音「はい」

響「参考にしたいんでしょ?」

貴音「誰がごぉや娘の真似など」

響「」






貴音「制服、ですか」ガサッ

響「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ちょ、ちょっと」

貴音「はい」

響「なんで持ってくの?」

貴音「着るため、ですが」

響「そうだよね」

貴音「はい」






響「や、破けちゃう」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「意地でも着ます」

響「」

貴音「部屋から出てください」グイグイ

響「ホ、ホントに着るの?」

貴音「絶対に覗いちゃだめなんだからっ」

バタム

響「」






「ぐっ……、この……!!」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

バタム

貴音「はいさーい」

響「」

貴音「久々の制服も風情が云々」

響「た、貴音!?」

貴音「はて」

響「色々とまずいぞ、これ!!」

貴音「あえて制服という最先端を」






響「色んなところがぱつぱつ過ぎて」

貴音「なんと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「サイズが違うもん」

貴音「まぁ、多少動きが」ギチギチ

響「だってこれ超ミニだぞ」

貴音「破廉恥な」

響「ちょっとしゃがんだら」

貴音「きゃあ」サッ






響「うむ」カシャ

貴音「なんと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「事務所を通して頂かないと」

響「自分で見てみなよ、これ」

貴音「どれ」






貴音「め、面妖な」

響「顔リンゴみたいだぞ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いけません、いけませんこのような格好は」

響「ファッション云々って話じゃないと思うもん」

貴音「響、着替えますので」

響「うん」

バタン






響「……えっと」ポチポチ

「んっ……、ですから……!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

バタム

貴音「着替えるだけで良い運動です」

響「そんなのファッションに必要ないよね」

貴音「これもかりすまへの必要苦」

響「あ、さっきの写真じいやに送っといたから」

貴音「この苦難を乗り越えた先に」






貴音「えっ」

響「うん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「じ、じいやに?」

響「喜ぶかなと思って」

貴音「いいえ、響はじいやのめぇるあどれすを」

響「貴音の携帯借りちゃった」






貴音「」

響「あっ、電話」~♪

貴音「」

響「ほら貴音」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「も、もしもし」

貴音「……今は響と優雅にお茶菓子を」

貴音「違います!! あの写真は事故なのです!!」

貴音「け、決してあのような姿で外に出ようなどとは」

貴音「そんな!! どうか内密に!!」

貴音「じいや!? じいや!?」






貴音「はやああああ!!」ギュム

響「いひゃああああ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

響「よしよし」ナデナデ

貴音「どうして……、どうして響……」ギュッ

響「全ては心さー」

貴音「響……」






貴音「きーっ!!」グイィ

響「いひゃいいひゃい!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……もう後戻りは出来ません」

響「ほっぺが……」

貴音「響、携帯を貸しなさい」

響「……やだ」

貴音「なんと」






響「んふっ」

貴音「なんといけずな……、んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なにするの?」

貴音「あずさに電話を」

響「あずささん?」ピッ

貴音「はい」パッ






貴音「もしもし、響だぞ!!」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「今日暇だぞさー?」

貴音「お散歩なんてどうでもいいぞ!!」

貴音「事務所に制服を持ってきて欲しいんさー!!」

貴音「自分、待ってるからな!!」

貴音「貴音? 自分は我那覇響だぞさー」






貴音「さあ、事務所に向かいましょう」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ガチャン

貴音「おはようございます」

響「まーす」

あずさ「あ、貴音ちゃん」

貴音「これは三浦あずさ」

あずさ「言われた通り持ってきたのだけど……」

貴音「真、感謝しま」






貴音「あっ」

響「自分、あずささんのこと信じてたからね」ギュッ

あずさ「私が響ちゃんの声を間違えるわけないじゃない」

響「……声で判断したのか?」

貴音「ぐぬぬ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

あずさ「どうして制服を」

響「新しいファッションらしいぞ」

貴音「お借りします」






バタム

あずさ「ファッション?」

響「うん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「さっきは自分の制服着たんだけど……、これ」ピッ

あずさ「」



あずさ「めっ、よ響ちゃん」

響「自分もそう思う」

あずさ「私だったらじいやさんに連絡しちゃうわ」

響「写真送っちゃった」

あずさ「なんと」






響「泣いて喜んでた」

あずさ「面妖ね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

バタン

あずさ「あっ、終わったみた」



貴音「きゃあぁ、遅刻遅刻ぅ」ダダダ

響「えっ」






ゴチン

貴音「ぐっ……!!」

響「……っ、……っ!!」ジタバタ

あずさ「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくし、765学院風紀委員長の四条貴音と申します」キリッ

響「や、やっぱり貴音がおかしくなっちゃった」ペタン

あずさ「風紀委員?」

貴音「ところで貴女達」






貴音「その頭のぴこぴこはなんですか」

あずさ「はい?」

響「ピコピコ?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「このぴこ毛はなんですかと聞いているのです!!」グイッ

響「いだだだだ!!」

あずさ「なんですか、と言われましても……」

貴音「765の風紀を乱しています」ドヤ

響「羨ましいだけでしょ」ボソ






貴音「はやー!!」ブチッ

響「ああああ!!」

あずさ「あっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

あずさ「貴音ちゃん」

貴音「し、しかし」

あずさ「本物の委員長に叱ってもらいます」

貴音「えっ」






律子「んふふ」

貴音「ぴ、ぴこ毛仲間が!!」ガクガク

響「……あれが無いと自分」

あずさ「三日もすれば生えてくるわ、ねっ?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「」

響「もう満足?」

律子「私は満足したけど」

あずさ「律子さんじゃないです」






貴音「……分かりました」

響「貴音の面妖加減が?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「次はこれが流行ります」

響「貴音の……、頭?」

貴音「わたくしの髪の毛、詳しくはこのかちゅうしゃと髪の境目の」

響「うん」



貴音「ねこ耳毛こそふぁっしょん、いや、かりすまに」






響「二人とも、なにか食べに行こ」

あずさ「ラーメンなんかどうかしら?」

律子「じゃあねこ舌の子はお留守番ね」

貴音「ね、ねこ耳です!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ふぁっしょん」

貴音「それはあいどるには必要不可欠なものであり」

貴音「また、かりすまを語る上でも」



響「ホントに置いていっちゃうぞ?」

貴音「い、今行きます!!」






貴音「ふぁっしょん、次こそ必ずや……!!」グッ