☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どうぞ」コト

響「貴音」

貴音「なにか」

響「肉じゃが、だけ?」

貴音「はい」

響「他には?」

貴音「四条家に伝わる単品という美学云々」

響「なんか焦げてる」

貴音「響」






貴音「召し上がれ」

響「はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「自分で料理を作るというのも乙なものです」

響「あむ」パク

貴音「素材を活かすにはどの調理法が一番か、また、その時その時のいんすぴれぇしょんを頼りに」

響「貴音」

貴音「お礼はいいのですよ、『ごちそうさま』という言葉が料理人にとって最高の」

響「まずい」

貴音「おかわりはいくらでも用意して」






貴音「えっ」

響「まずいぞ、これ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響?」

響「びっくりした」

貴音「箸が止まっておりますが」

響「自分、これ嫌い」

貴音「えっ」






貴音「……肉じゃがは苦手でしたか?」

響「ううん、好き」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「良かった、喜んでもらえたようで」

響「喜んでないぞ」

貴音「ふふっ、照れ隠しは伊織だけで十分ですよ?」

響「貴音これ味見した?」

貴音「実は響もつんでれだと話題で」

響「正直肉じゃがって呼びたくな」






貴音「はやああああ!!」ムギュ

響「いひゃあああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「黙って聞いていれば!!」

響「だって」

貴音「面と向かって『まずい』などと言うばかものがどこにいますか!!」

響「ホントなんだもん」

貴音「第一、いきなり『焦げ』の指摘をするなんて!!」

響「身体に良くないって聞くし」 

貴音「これだから……、これだからこのごぉや娘は……!!」

響「なんでこんな言われよう……」
 





貴音「この味音痴が!!」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


響「味音痴違う!!」
 
貴音「違くない!!」

響「絶対違う!!」

貴音「まったく、悪ふざけにも程があります」

響「我那覇さんは大真面目ですよ」



貴音「響」

響「はい」

貴音「わたくしは本音を聞きたいのです」

響「まずいかなー、って」






貴音「きーっ!!」バリバリ

響「うぎゃああああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いい加減にしなさい!!」

響「こんなの理不尽だ!!」

貴音「わたくしは四条貴音ですよ!? 『銀色の王女』なのですよ!?」

響「貴音はこれ味見したのか!?」






貴音「……はい」

響「嘘だ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「本当だぞ」

響「おだまり」

貴音「一口どころか一皿分」

響「はい、あーん」

貴音「あ、あーん」パク






貴音「」

響「ほら」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響、お茶を」

響「はい」コポポ

貴音「んぐんぐ」



貴音「ふぅ」

響「もう一杯のむ?」






貴音「失礼な!!」ギュ

響「いだだだだ!!」



貴音「この際、味のことは置いときます」

響「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響『いただきまーす』パク

響(ま、まずい……!! 貴音失敗しちゃったのかな……)

貴音『いかがですか?』

響『お、美味しいぞ!!』

貴音『では、わたくしも』パク

響『あっ』



貴音『っ!?』

貴音『ひ、響……、あなたはわたくしに気を使って……』

響『……ごめん』

貴音『いいのです……、友情というものはかくあるべき云々……!!』ポロポロ

響『貴音はやっぱり天才さー……!!』ギュッ






貴音「こうでしょうが!!」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ちっ」

響「おかしい」

貴音「本来ならば悲しみなどなかったのです」

響「いや貴音の料理が美味しかったら」






貴音「うるさい!!」ペチ

響「うぎゃあ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……これを見なさい」サッ

響「手?」

貴音「わたくしのぼろぼろの手が、この肉じゃがへの思いを物語って」ドヤ

響「絆創膏小指だけじゃん」

貴音「数が問題なのではありません!!」






響「血とか入ってないよね?」クンクン

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「この小娘……!!」フルフル

響「衛生面はしっかりしなきゃダメだぞ?」

貴音「うがああああ!!」ギュギュ

響「いひゃいいひゃい!!」



響『っ!? 貴音どうしたのその手!!』

貴音『い、いえ、なんでも……』

響『嘘!! こんなにボロボロじゃないか!!』

貴音『わたくしの腕が未熟だった故』

響『貴音……、頑張ったんだね……』

貴音『ひ、響……!!』グス

響『やっぱり貴音は天才さー……!!』ギュッ



貴音「どうして分からないのですか!!」

響「茶番だ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「あぁ我那覇殿、おたくの娘はなんと悪い女に」

響「むきーっ!!」ポコッ

貴音「きゃああああ」






響「大体、人を呼んどいて肉じゃが一品って!!」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「どういうことだ」

貴音「いや、その」

響「うぅん?」ズイ

貴音「で、ですから」






貴音「月の民は朝が弱く」

響「ただの寝坊でしょ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「どうして夜更かしなんかしたんだ」

貴音「べ、勉学に励んでおりました」

響「なんの」

貴音「……いんぐりっしゅ」

響「ほぅ」






響「Question」

貴音「お、おぅらい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「Is this Haruka Amami?」m9

貴音「の、のぅ、あいむはるかあまみ」

響「lol」

貴音「だぶりゅだぶりゅだぶりゅ」






響「答えは『No, it is a table.』でした」グイィ

貴音「いたたたた!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「どうして嘘ついた」

貴音「申し訳ありません」

響「ホントは」

貴音「夜中の通販番組を……」

響「……まさか貴音」

貴音「い、いえ、観ていただけです」






貴音「包丁研ぎましぃんなるものが」

響「絶対買っちゃダメだからな」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「結局、きちんと時間に余裕を持たないから料理も失敗したんでしょ」

貴音「返す言葉もございません」

響「それを人のせいにするなんて云々」

貴音「ここはどうか四条の名に免じてお見逃しを」

響「いいえ」

貴音「えっ」






響「じいやに報告します」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「それだけは、それだけはぁ!!」ダキッ

響「ダメじゃ、自らの過ちを悔い改めるがよい」ポパピ

貴音「どうか……!!」

響「では師匠と呼べ」

貴音「」

響「出来ぬのか」






貴音「し、師匠……」

響「うむ」ニヤァ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ぐぬぬ」

響「良い響じゃ、自分だけに」

貴音「はい?」

響「い、いや」



貴音「あっ」

響「んん?」






貴音「どうしてじいやの番号を?」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響」

響「師匠と呼び」

貴音「答えなさい」ズイ

響「はい」






響「ホントは知らないです」

貴音「よろしい」ニコッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「出かける準備をしなさい」ムギュ

響「ひゃい」

貴音「765の友情とはどんなものか、思い知らせてあげましょう」






貴音「いざ、765へ!!」ガチャン

響「タッパー忘れてるぞ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「皆、遠慮せず感想をば」



美希「まずいの」

真「ボクこれ嫌いだな」

小鳥「えっこれ肉じゃがなの!?」

貴音「」






貴音「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

響「はかない友情さー」ナデナデ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「もうけむこぷろに移籍します」

響「なんと紛らわしい」



美希「どうしようもなくまずいの」

真「お茶ありません?」

小鳥「今入れるわね」

伊織「なんで私まで……」パク



伊織「っ!?」






伊織(めちゃくちゃ美味しいじゃないの……!!)パク


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

美希「貴音には失望したの」

真「ちょっと意外だったなぁ」

貴音「」

伊織(えっ、本当に美味しいんですけど)パクパク






美希「あれ、デコちゃん?」

伊織「っ!?」パク


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「な、なによ」

響「まずくないのか?」

貴音「えっ」クルッ

伊織「」






伊織「ま、まずいに決まってるでしょ!!」パクパク

貴音「」

真「もうなにがなんだか」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「……えぇそうよ、めちゃくちゃ美味しいわよ!!」バクバク

貴音「い、伊織……」ギュッ

伊織「アンタも自分の料理に自信持ちなさい!!」

貴音「いおりいずぷれいすおぶまいらいふ」ポロポロ

響「Good」



真「伊織が味オンチだったなんて」

美希「デコちゃんには失望したの」

ガチャン

小鳥「あっ」






やよい「伊織ちゃんが……、味オンチ……?」

伊織「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「や、やよい?」

やよい「そ、そんな……」

伊織「違う、違うのよ」フルフル

やよい「私のなかの伊織ちゃんががらがらー、って」ポロポロ

伊織「お願い、違うの!!」






やよい「ばいばい、伊織ちゃん」タタタッ

伊織「いやああああああああ」

響「あーあ」

美希「デコちゃんサイテーなの」

真「追いかけてくる」ダッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「……あはっ」

貴音「やよいのことなど今は忘れてください」クイッ

伊織「貴音……」

貴音「わたくし達が765ぷろを美食の道へと導くのです」

伊織「……そうね」






伊織「今は貴音の料理が美味しければ良いのよ!!」パクパク

貴音「えぇ、たんとおあがりください……!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「貴音、アンタの料理は最高ね!!」

貴音「気高き貴族の味……、とでも言いましょうか」ドヤ

響「なにがだ」

美希「そんなの全然うらやましくないってカンジ」

伊織「ほら、貴音も食べなさいよ!!」グイッ






貴音「えっ」

小鳥「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「い、いや、わたくしはその」

伊織「一人寂しく食べろって言うの!?」

貴音「と、とんでもない」

伊織「トクベツなんだから、あーん」

貴音「あ、あーん」パク



貴音「……うぐっ」

伊織「このコクと深みのハーモニーが、あーん」

貴音「むぐっ!?」






貴音「だ、誰か……、移籍届を……!!」

響「lol」

伊織「ほら、あーん」

                                         終


☆ :おまけ 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織『ジャンバルジャンの家より小さい……』

やよい「私の家を見て、そういったんです」

やよい「伊織ちゃんだから、我慢できたのに」

やよい「そんな伊織ちゃんが……、ただのバカ舌だったなんて……!!」

やよい「許さない……、伊織ちゃんなんて許さない……!!」ギュッ

真「よしよし」






やよい「もうなにも信じられない……」ポロポロ

真(高槻やよいの闇は深い)
 
                                                                                         今度こそ終