☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「聞いて」

イヌヅカ「うん?」

ナガタ「聞いてよ」

イヌヅカ「聞かないけども」

ナガタ「えっ」






ナガタ「困る困る」

イヌヅカ「そう?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「聞いて貰わなきゃ」

イヌヅカ「聞いて欲しいの?」

ナガタ「肺が出る程に」

イヌヅカ「喉からね」

ナガタ「手はどうやっても出せないから」






イヌヅカ「肺ならなんとか」

ナガタ「でしょ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「最近ナガタさんアレじゃん」

イヌヅカ「滑稽だよね」

ナガタ「違うよ?」

イヌヅカ「太ったよね」

ナガタ「3キロ痩せたわ」






イヌヅカ「すごい」

ナガタ「ひと月でね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「それはやるなぁ」

ナガタ「超スリム」

イヌヅカ「あぁそう」

ナガタ「心なしか身体も軽くて」

イヌヅカ「飛べちゃうね」

ナガタ「うん」






イヌヅカ「いいなぁ」

ナガタ「いやいや」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「流さないで」

イヌヅカ「えっ?」

ナガタ「ナガタさんの話を軽く流さないで」

イヌヅカ「流しがちだよね」

ナガタ「そういうのやめて」






ナガタ「……なんだっけ」

イヌヅカ「えっとね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「おいしい親子丼を作った話じゃない?」

ナガタ「それアナタが話したい話じゃないの」

イヌヅカ「あれは店にも出せるレベル」

ナガタ「待って待って」

イヌヅカ「待たないね」

ナガタ「ナガタの話」






ナガタ「ナガタの話をだね」

イヌヅカ「そう?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「アナタはナガタの部屋で」

イヌヅカ「ナガタの話を聞けば良い?」

ナガタ「分かってるじゃない」

イヌヅカ「分かってた」

ナガタ「そういうとこある」

ナガタ「イヌヅカさんはそういうとこあるよね」






イヌヅカ「あるある」

ナガタ「待って」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「なにさ」

ナガタ「『アルアル』、じゃないよ?」

イヌヅカ「そんな言い方してた?」

ナガタ「否定をしなさい否定を」

イヌヅカ「認めちゃったけども」

ナガタ「ナガタさん何回も言ってるよ」

イヌヅカ「えぇ」

ナガタ「否定の美学について」






イヌヅカ「聞いてあげる」

ナガタ「ありがとうございます」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「否定ってのは無限の可能性を秘めていてね」

ナガタ「例えば、『変人』」

ナガタ「『ナガタさんって変人ですよね』と言われたとします」

ナガタ「ナガタさん知ってます」

ナガタ「変わり者だって自覚あります」

ナガタ「もう中学の頃から気付いてましたよ」






ナガタ「ただそれを認めてはいけないのです」

イヌヅカ「はいはい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「そうなんですよね、よく変わってるって言われるんですぅ」

ナガタ「『ですよね』」

ナガタ「終わり」

ナガタ「この会話は終わりですよ」

イヌヅカ「そうね」

ナガタ「布団の中で後悔するでしょうね」






ナガタ「今日盛り上がらなかったなぁ、と」

イヌヅカ「熟睡しちゃうけどね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「どうするべきか?」

ナガタ「否定をするんですよ否定」

ナガタ「『ナガタって変わってるよな』」

ナガタ「いやいや、ドが付く程の常識人ですよ」

ナガタ「『それは有り得ないだろwww』」

ナガタ「世界平均、ネリマが誇る世界平均ですもの」

ナガタ「『やっぱりコイツ変わってるよな? そう思うだろ?』」

ナガタ「広がりました」

ナガタ「会話が広がりましたね」






イヌヅカ「標準じゃない?」

ナガタ「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「世界平均?」

ナガタ「わざとわざと」

イヌヅカ「はい?」

ナガタ「あえてね」

イヌヅカ「ツッコミを」

ナガタ「そうそう」

ナガタ「そういうとこある」

ナガタ「そういうとこあるからナガタさん」

イヌヅカ「そっかぁ」






ナガタ「ちょくちょく流すよね」

イヌヅカ「流してない流してない」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「いやいやめっちゃ流してるよナガタの話」

イヌヅカ「親身になって聞いてる」

ナガタ「『そうめんかな?』ってくらい流してるよね」

イヌヅカ「竹感は出てないけども」

ナガタ「上から流してはない?」

イヌヅカ「むしろ締めのうどん並に聞いてる」






イヌヅカ「実践したね」

ナガタ「ちょっと違くない?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「否定したじゃないの」

ナガタ「そうだけども」

イヌヅカ「広がりを見せたよ」

ナガタ「そうめんを否定しろって意味ではなくてさ」






イヌヅカ「そっかぁ」

ナガタ「流すな流すな」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「まったく」

イヌヅカ「そんなもんよ」

ナガタ「否めない」

イヌヅカ「ここは否まないんだ」

ナガタ「ナガタさんちょっと力量不足」

イヌヅカ「精進しなさい」






ナガタ「……世界標準?」

イヌヅカ「うん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「世界平均ではなく?」

イヌヅカ「そんな言い方はしないなぁ」

ナガタ「自分間違ってた?」

イヌヅカ「英訳はグローバルスタンダードじゃない」

ナガタ「あぁ」






ナガタ「敗北感」

イヌヅカ「痛感してるね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「なんも言えない」

イヌヅカ「勝っちゃったね」

ナガタ「ナガタさんの語彙力の弱さが出ちゃった」

イヌヅカ「つつかれがちだね」

ナガタ「ぱぁの音も出ない」

イヌヅカ「そうね」






ナガタ「いやだからさ」

イヌヅカ「うん?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「流すなと」

イヌヅカ「そういうとこぐらいは勝たせてあげたいなって」

ナガタ「ツッコまれなきゃもはや負けだよ」

イヌヅカ「イヌヅカの優しさがね」

ナガタ「心無い優しさは敗北だと言うだろうに」






イヌヅカ「言わないね」

ナガタ「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「聞いたことないよ」

ナガタ「言わない?」

イヌヅカ「言わない言わない」

ナガタ「でも聞いたことはあるでしょうに」

イヌヅカ「どこで」

ナガタ「カラオケ」






ナガタ「ナガタ歌ってたよ?」

イヌヅカ「あぁ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「分かるよ?」

イヌヅカ「はい?」

ナガタ「歌声に集中しちゃってたものね」

イヌヅカ「うん?」

ナガタ「美ボイスに聞き惚れてたものね」

イヌヅカ「スマホ弄ってたけども」






ナガタ「ダメでしょそれ」

イヌヅカ「良いかなって」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「ナガタはちゃんとノるよ?」

イヌヅカ「えらい」

ナガタ「絶対弄ることないよ?」

イヌヅカ「どこを?」

ナガタ「どこを?」

イヌヅカ「なんでもない」






ナガタ「やめて」

イヌヅカ「やめたやめた」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「アナタからなんて珍しい」

イヌヅカ「最近出がち」

ナガタ「それはむしろナガタのキャラだよね」

イヌヅカ「俺はスポンジ人間だから」

ナガタ「キャラを奪わないで」






イヌヅカ「奪いがちだね」

ナガタ「やめて」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「うん」

ナガタ「はぁ」

イヌヅカ「終わり?」

ナガタ「というか思い出せない」

イヌヅカ「なんの話がしたかったのか?」

ナガタ「アナタが変な茶々いれるから」

イヌヅカ「ティーカップにね」






ナガタ「さいですか」

イヌヅカ「あれ?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「流してやったわ」

イヌヅカ「ちゃんと飲んで」

ナガタ「毒入ってるもん」

イヌヅカ「愛の間違いだね」

ナガタ「尚更トイレに流してやるわ」






イヌヅカ「やっぱり飲むんじゃないの」

ナガタ「待って」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「飲みたがりなんだから」

ナガタ「理解しないからな」

イヌヅカ「はい?」

ナガタ「貴様の言意を朕は理解しないからな」

イヌヅカ「貴様て」

ナガタ「認められない」

イヌヅカ「そっか」






ナガタ「貴様!!」

イヌヅカ「掌の上だね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「もういい」

イヌヅカ「そろそろお腹が」

ナガタ「食べいこう」

イヌヅカ「良いね」

ナガタ「結局ナガタの話は出来なかった」

イヌヅカ「十分喋ったじゃないの」

ナガタ「したい話はまったく出来てないけども」






ナガタ「あれ?」

イヌヅカ「はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ナガタ「ナガタは何を話したがってた?」

イヌヅカ「そこ?」

ナガタ「店で話せばいいのだから」

イヌヅカ「親子丼じゃない?」






ナガタ「アナタの食べたい物じゃないの」

イヌヅカ「よし決まり」

                  終


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

イヌヅカ「うまかったね」

ナガタ「全然上手くないよ」

イヌヅカ「いや旨かったよ」






ナガタ「うるさいうるさい」

イヌヅカ「転がってるねぇ」

                 今度こそ終