※若干の手直しがあります



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


貴音「買い物を終えて」

『二千円以上のお買いもので福引券プレゼント!!』

貴音「福引券を頂きました」

貴音「早速引きに行きましょう」



貴音「こちらを」スッ

貴音「ちなみに一等は……、なんと!? 霜降和牛ですか!!」

貴音「ふふふ、わたくしの秘めたる力を見せる時が来たようですね」

貴音「いざ霜降!!」ガラガラ






ポトッ

貴音「はっ!!」




☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「青っ……!!」

貴音「いったい青は何等で」

『青 4等 チョロQ』

貴音「」






貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「くすん」

貴音「……帰りましょう」トボトボ





カランカラン

「えーっ!? 高級しもふり和牛!? まさかそんな、あぅ……」パタッ

「おい、この子気ぃ失ったぞ!!」

「救急車ー!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……ごちそうさまでした」

貴音「さぁ、後片付けをするとしま」



貴音「むぅ」

貴音「ちょろQ、ですか」ヒョイ






貴音「よく見るとかわいらしい玩具ですね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ふむ」

貴音「……あー、んんっ」






貴音「ききいっ」

貴音「がちゃ、ばたん」

貴音「貴音、お疲れ様」キリッ

貴音「あ、あなた様」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どうしてここに……?」

貴音「いやあ、向こうの収録が早く終わってさ」

貴音「わざわざ迎えに来てくれたのですか」

貴音「なんとか間に合ってよかったよ」

貴音「さあ、乗った乗った」

貴音「ふふっ、ありがとうございます」

貴音「がちゃ、ばたん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ぶうぅん」

貴音「きいぃ、ぶうん」

貴音「きききき」






貴音「あなた様!! なんと素晴らしいてくにっくなのでしょう!!」

貴音「ははは、貴音が助手席にいるおかげだな」

貴音「な、なんと……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「それじゃあ車庫入れも一発で決めないとな」

カチカチカチカチ

貴音(あなた様の横顔が……)

カチッ

貴音「よし、入っ」パッ






シュウウウウウウウン!!

貴音「っ!?」ビクゥ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ちょろQが勝手に!!」

貴音「面妖、ただただ面妖です」

貴音「いったいどのようにして……」

貴音「ふむ」

シュウウウン

貴音「後ろに引けばよいのですね」

貴音「真、良く出来た玩具です」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「それっ」

シュウウン

貴音「もう一度」

シュウウウン

貴音「ふふふふ」






貴音「はっ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「廊下なら……」






シュウウウウウウウウウウン!!!!

貴音「なんとっ」

貴音「何という速さ……、それはまさに風の如く……!!」

貴音「これが、これこそが……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「人類の英知の結集なのです!!」ドヤァ









響「……うん?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「驚きすぎて言葉も出ない様ですね、響」

響「いや、まあ、……その手に持ってるのは」

貴音「ふふふ、気づきましたか、これはちょ」

響「チョロQ?」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「知っていたのですか」

響「知っていたもなにも……、チョロQ知らない人はそういないと思うぞ」

貴音「なんと」



貴音(わたくしは昨日まで名前も知らなかったというのに)ギリッ

響「貴音?」

貴音「まあ、いいでしょう」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「実はこのちょろQにはとんでもない秘密があるのですよ」

響「見たところ普通のチョロQだけど」

貴音「甘い、甘過ぎますよ響!! 砂糖の塊と見紛う程に!!」

響「そりゃ甘いなー」カチカチカチカチ

貴音「なんとこのちょろQは、自動で走」






響「行けぇ!! チョロ丸!!」シュウウン

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「あははははははは!! ぶつかってひっくり返ってるぞ!!」ケラケラ

響「貴音、これどこで買っ」

貴音「」



響「た、貴音?」

貴音「……自動で走ることや走らせる方法を響は知っていたのですか」

響「うん、チョロQってそういう物じゃ」

貴音「」






貴音「」ポロポロ

響「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「うわあん、あうあうあう!!」

響「貴音!? なんで泣くのさ!?」

貴音「ひゅえあぁ!! びひゃあぁ!!」

響「お、落ち着いて!! そんな泣き声しちゃだめだぞ!!」

貴音「ほわああああああああ!!」

響「やめろォ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どうして、知っていたのですか」

響「どうしてと言われても」

貴音「わたくしがひびきをおどろかせたかったのに!!」

貴音「わだぐぢが!! びびぎを!!」

響「頼むから落ち着いて!!」






響「……大丈夫、自分カンペキだから、な?」ポンポン

貴音「びびぎ……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「もっかい、見せるところから、ね?」

貴音「……はい」



貴音「……っ」グシグシ

貴音「いいですか、響!! なんとこのちょろQは自動で走るのですっ!!」









響「ほ、ほんとうかー」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「そ、それは知らなかったぞー」

響「まさかチョロQが勝手に走るなんてなー」

響「貴音はやっぱり天才さー」

貴音「やめなさい!!」

響「ひっ」

貴音「なんですかその棒読みは!! とんだ茶番です!!」



響「……ごめん」

貴音「うっ、ぐすっ……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「な、泣かないでよ」

貴音「ぐしゅ、ひぐっ」

響「ほら、チョロ丸も言ってるぞ」ナカナイデー

貴音「ぢょろ丸でばありまぜん!! 面妖号でず!! わだぐぢはぞんな変な名前をづけまぜん!!」

響「なんだと!!」

貴音「なにがハム蔵ですか!! なにがいぬ美ですか!!」

貴音「それならばわたくし達は皆『ひと子』ではありませんか!!」

響「『ひと子』なんて変な名前と一緒にするなぁ!!」

貴音「なにが違うと言うのですか!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「はぁ、はぁ」

響「ぜぇ、ぜぇ」

貴音「もういいのです、全てはわたくしの無知が原因……」

響「貴音……」

貴音「それにも関わらず響に八つ当たりしてしまうなんて、もうわたくしに四条の名を名乗る資格はありません」

響「いや、そんなことは」

貴音「わたくしはこれから『原貴音』として生きてゆく事に」

響「た、貴音!!」

貴音「おや、これでも許してはくれませぬか……、では『原由実』として」

響「」






由実「はやー」

響「やめろォ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「二度と『原由実』は禁止だからな」

貴音「……分かりました、愛美」






響「わ・か・っ・た・か?」ギュウウ

貴音「いひゃひゃひゃひゃ!! わはりまひた!!」

響「まったく……、絶対だからな!!」

貴音「頬がちぎれるかと……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「それで、チョロQがどうしたの?」

貴音「今日はちょろQを買いに行こうと思いましたので、響を誘おうとしていたのです」

響「それがどうしてこんな大事に……、もちろん良いぞ」

貴音「では、行きましょう」

響「お疲れ様ー!!」

貴音「お疲れ様でした」

P「気を付けて帰れよー」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いつ来ても百貨店はわくわくしますね」

響「見てるだけでも楽しめるもんなー」

貴音「玩具売り場は七階だそうです」

響「確かチョロQって専用のコースとかも売ってたような」

貴音「なんと」

響「レールをうまく繋げて一周させたりして遊べるんだぞ」

貴音「面妖」






響「あれ、『な』は?」

貴音「あまりの心の高ぶり方に思わず省略してしまいました」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「この階全部おもちゃコーナーなのか!? すっごい広いぞ!!」

貴音「さあ、早くちょろQ達のもとへ!!」

響「ひ、引っ張るなー!!」






響「それにしても広いぞ」

貴音「」ギラギラ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「あっ、キャッスルヴァニアファミリーだぞ!!」

響「自分『悪魔と月下のお城』とか持ってたんだよね」

貴音「響」

響「……ちゃんと探してるぞ」






響「あれ、見つからないな」

貴音「」ギラギラ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「お、パックマン危機一髪」

貴音「そんなものはどうでもいいのですよ響」



響「ワンダーモモ変身グッズだって!!」

貴音「ぺっ」

響「ぺっ、てするな」



響「ディグダグパニック懐かしいなー!!」

貴音「」シャコシャコ

パァン!!

響「うぎゃああああ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いったいどこにあるのですか!?」

響「無いはずはないと思うんだけど……、あっ!!」

貴音「あったのですか!?」






『チョロQハイブリッド!』

響「……ラジコン?」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「これじゃ、ないんだよね?」

貴音「わたくしは認めません!! こんなはいてくなものがちょろQなどとは!! ちょろQのあるべき姿ではありません!!」

響(最近チョロQ知ったくせに)

響「ちょっと調べてみる」ポチポチ゚



響「えっ」

貴音「何か分かったのですか!?」

響「こ、これ」サッ



『スタンダードチョロQ 2009年1月をもって展開終了』

貴音「」






貴音「うぅん」バタッ

響「貴音ぇ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ひっく、ぐすん」

響「しょうがないよ、残念だけど」



響「……あっ」

響「今日貴音の家泊まってもいい?」

貴音「……はい、構いませんが」

響「じゃあ一旦着替え取りに行ってくるから!!」タタタ

貴音「響!! 着替えならうちに……、あるというのに」

貴音「とりあえず、帰りましょう……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「えーと、あったあった」

響「どれがいいんだ? ……新しい方でいっか」

響「あとは本体を……、って安い!!」






アリガトウゴザイマシタァ

響「……よし」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「あぁ、悲由実……」

ピンポーン

貴音「随分と早いのですね」ガチャ



響「こらああああああああ!!」ギュム

貴音「いひゃああああああああ!!」



響「もう言うなって言っただろ!!」

貴音「何故、分かったのですか……」ヒリヒリ

響「それはな、自分」






響「カンペキだからさー!!」

貴音「面」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「着替えならいつでも泊まれるように、と置いていったのは響ではありませんか」

響「自分実は、貴音にプレゼント買ってきた」

貴音「なんと」

響「はい」サッ



貴音「……これは、げぇむ?」

響「プレイステーション、初期のだけどね」

響「そして、これがソフトさー」

『チョロQ3』

貴音「なんと!?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響はいけずですっ……!!」ダキッ

響「んふふ」

貴音「このまま撫で続けて寿命を待ちたい位です」ナデナデ

響「仕方ない、撫でられましょう」






貴音「ふふふ」ナデナデ

響「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「セット完了だぞ!!」

貴音「押しますよ響」

響「いいぞー!!」

貴音「貴音、おん!!」ポチッ






ジュワアァン キラリキラリキラリキラリ ジュワアァン

貴音「ひいいいいいいいいいい!!」

響「うぎゃああああああああ!!」

フィユッ キラリキラリ フォンフォフォオォン フォオオン

貴音「ひいっ、ひっ、はああああ」ポチッ

響「こ、怖すぎるぞ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「い、今のは」

響「そういえば自分、今の音が苦手だったような……」

貴音「あまりの恐ろしさに消してしまいました」

響「でも、あれを乗り切らないとチョロQには会えないぞ」

貴音「……再びわたくしが電源を入れますので、響はわたくしの両目を手で塞いで下さい」

響「じ、自分が?」

貴音「わたくしの両手は耳を塞ぐのに使いますので」

響「分かった」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いきますよ!!」ポチッ

響「はいっ!!」サッ






響「えっ」

響「これ自分は」

ジュワアァン キラリキラリキラリキラリ ジュワアァン

響「うぎゃああああああああ!!」

響「卑怯だぞたか」

フィユッ キラリキラリ フォンフォフォオォン フォオオン

響「ああああああああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なんとか耐える事が出来ました……」

響「もう一人じゃトイレ行けない……」

貴音「は、始まりましたよ響!!」






貴音「なんと、楽しげなすたぁと画面なのでしょう……!!」キラキラ

響「……ふふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なんと!! 車が選べますよ!!」

貴音「もちろん名前は『めんようごう』で」

響「『チョロまる』じゃないのか?」



貴音「『ふりぃらん』、『すぷりんとれぇす』、『ちょろQしてぃ』、どれにしましょうか……」

響(ヒビキ、無視なんて酷過ぎると思うぞ)

貴音「『すぷりんとれぇす』にしてみましょう」

響「『オーバルサーキット』しかないね」

貴音「ただ楕円で見るからに初心者向け、楽勝です」






響「……貴音ってゲームしたことあるの?」

貴音「この前『まりお』殿に初めてお目見えしました」ドヤァ

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『GO!!』

貴音「すたぁとです!!」

響「いけぇ貴音!!」

貴音「早くも三位ですよ、三位!!」

響「ま、曲がらなきゃ!!」

ガガガガガガガガガン!!

貴音「」



貴音「くっ、この……」

響「……短い天下だったな」

貴音「まだ、ここからです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

クルクルクルクル

貴音「ど、どうして回っているのです!!」

響「貴音、い、いっかいブレーキを」



プップー!!

貴音「何奴!?」

響「……一周、くふっ、お、遅れ、ふひっ」



ブウウウウン

貴音「漸く調子が出て来ました!!」

響「逆……、たか、ね、逆だって……」フルフル


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『10th』

貴音「」

響「あははははははは!!!! ふふっ、くくくくっ!!!!」バンバン

響「いくらなんでも酷過ぎるぞ!!!! 最下位なんて、あははは!!!!」

貴音「ぐぬぬ」






響「自分がお手本を見せるから、貴音はちゃんと学ぶが良いさー!!」

貴音「はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「いくらなんでもこの清掃車に負けるのは有り得ないぞ」ケラケラ

貴音「……始まりますよ」



『GO!!』

響「いけぇ、チョロ丸!!」

響「開始早々三位だぞ!! ふっふっふっ、怖い、自分の才能が怖すぎる!! やっぱり自分はカンペキ」






ガガガガガガガガガン!!

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「あ、あれ、ちょっと、ちゃんと曲がっ」

響「よし、ここから」



クルクルクルクル

響「うぎゃああああああああ!!」

響「何で!! このっ!!」



ガガガン!! ガンッ!! プップー!!

響「ああああああああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『10th』

響「」

貴音「くっ、んくく」プルプル



貴音「随分と……、早かったではないですか……」

貴音「清掃車にも大きく離されながらの……、素晴らしい走りでしたよ……、くふっ」

響「ぐっ……!!」カアァ






響「……車が悪かったんだぞ!!」

貴音「なっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「面妖号なんて変な名前だったから笑いが止まらなくてちゃんと運転できなかったんだ!!」

貴音「すたぁと時に『いけぇ、ちょろ丸!!』などと抜かしていたごぉや娘はどこのどいつですか!!」

響「あー、どうりで自分のイン・アウト・インのテクニックがちゃんと出せないと思ったら……、まったく車が悪くちゃ仕方ないさー」

貴音「許しません!! 罪の無い面妖号を馬鹿にするなんてついに頭の中までごぉやで一杯になりましたか!!」

響「んがっ!? そ、そっちこそ頭の中にはラーメンが詰まってるくせに!!」

貴音「本望です!!」

響「バカだな!? やっぱり貴音はバカなんだな!?」

貴音「その減らず口を毟り取ってやりましょう!!」

響「なんだと!!」

貴音「なにを!!」

ギャー ギャー


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「……ケンカは良くないぞ、はいさい、やめやめ」ボロッ

貴音「……わたくし達、仲良しあいどる」ボロッ

響「やってみると想像以上に難しいぞ、これ」

貴音「運転がここまで技術のいるものとは……、ぷろでゅうさぁは凄いのですね」

響「……実際の運転とはちょっと違うと思うぞ」

貴音「この『ちょろQしてぃ』とはいったい?」

響「『街に出る』?」






響「うおっ」

貴音「街の中です!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「『ぺいんとしょっぷ』?」

響「車の色を変えられるんじゃない?」

貴音「面妖号を美しくしましょう」






響「何故に紅白カラー……」

貴音「らぁめんぺいんとです」

響「なんだか救急車みたいだぞ」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「響!! 駅です!!」

響「やったぞ!!」



貴音「響!! 下水道です!!」

響「やったぞ!!」



貴音「響!! お城ですよ!!!!」

響「やったぞ貴音ええええ!!!!」



貴音「何奴!?」

響「落石だ!!」

『クラッシュしました』ピロリン


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「選べるコースが増えたね」

貴音「沢山回りましたからね」

響「でも、まずは『オーバルコース』をちゃんと走れるようになってからだぞ」

貴音「街内を駆け巡って来た今のわたくしなら!!」









『10th』

響「街もかなりぶつかりながら回ってたもんね……」

貴音「ぐぬぬ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『10th』

貴音「いったい何が悪いのでしょうか」

響「うーん」



『10th』

貴音「路面の状態が良く無かったのですね……」

響「関係……、無いぞ……」



『10th』

貴音「しかし、この敗北でわたくしは何かを……」ウツラウツラ

響「……うん」コクリコクリ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「や、やりました……」

貴音「ついに……、ついにわたくしは……」

響「……zzz」









『8th』

貴音「……zzz」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ピンポーン

響「はいさい、貴音!! 今日は決闘を申し込みに来た!!」

貴音「なんと!! まさか右手のそれは……」

響「ふっ、コントローラーさー」チラッ

貴音「……分かりました、受けて立ちましょう」

貴音「響が来ない間、わたくしは鍛練に鍛練を重ねてきたのです……!!」

響「たかが一日じゃあ、あって無いようなものだぞ」

貴音「今ではもう、『してぃ』の皆から『おぉばるのしゅうまっは』と恐れられるまでになったのですから」

響「なっ!? じゃあ、最高順位は……」



貴音「『ふぃふす』、ですかね」ファサ

響「そ、そんな!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「どうして……、身体が震えて……」ガクガク

貴音「ふふっ、今なら取り下げたって構わないのですよ?」

響「まだだ……、まだ自分には取っておきがある!!」バッ

貴音「ま、まさかっ!!」






貴音「めもりぃかぁど!!」

響「ふっふっふ」



響「今から自分は決闘の準備をするから、最後の晩餐でも楽しんでくるんだな!!」

貴音「くっ、ここは従う他ありません……!!」グゥ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「データをコピーして、と」

響「おっ、なかなかお金も貯まってる」

響「こんなアンポンタンな車は乗り捨ててやるさー!!」

貴音「なんてことを!!」






響「完成さー!!」

響「パーツも買い揃えたし、見た目も見るからに速そうだぞ!!」

貴音「ふぅ、こちらも準備は整いましたよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「早速勝負だ!!」

貴音「信じていますよ、面妖号」グッ

響「いくぞ……」



『GO!!』

貴音「たあっ!!」

響「いっけぇ!!」

ガンガンガンガン!!


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

ガガガン!! ガンガン!!

響「こ、このっ」

貴音「そぉれ!!」



キキーッ!! クルクルクルクル!!

響「おっと!!」

貴音「しまった!!」



ガシャン!! ガガガガ!!

響「ぬぬぬぬ」グイーム

貴音「むむむむ」グイーム


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……っ!!」

響「……っ!!」









響「やったああああああああ!!」1st

貴音「」2nd



貴音「も、もう一度!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『GO!!』

響「ここだ!!」グイーム

貴音「くっ!!」グイーム









響「連勝だぞ!!」1st

貴音「」2nd



貴音「……響!!」
:
『GO!!』

響「何度やっても同じさー!!」グイーム

貴音「ああっ!!」グイーム









響「よしっ!!」1st

貴音「」2nd


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「まあ、自分はカンペキだからな!! 余裕で勝て」

貴音「」ジワッ

響「えっ」



貴音「……っ!!」バシッ

響「た、貴音?」

貴音「……っ!! っ!!」バシッバシッ

響「痛い!! 貴音痛いってば!!」






貴音「うわあん、あうあうあう!!」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どうして……!! わたくしは練習したのに……!!」ポロポロ

響「貴音……」ギュッ

貴音「わたくしは……、わたくしは……!!」

響「よしよし」ポンポン

貴音「ひぐっ、……うぅ」

響「もう一回、な?」

貴音「……もういやです」

響「次は分かんないぞ?」

貴音「……はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『GO!!』

貴音「っ!! すたぁと直後でもうこのような差が……」

響「……ん?」






響「面妖号異常に遅くない?」

貴音「いえ、全てはわたくしの腕が未熟な故……」

響「……もしかして」



響「貴音、ちゃんとパーツで面妖号強化した?」

貴音「はい、それなりのぱぁつを買いました」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「装備させた?」

貴音「……装備?」

響「買った部品面妖号にくっつけたか?」






貴音「えっ」

響「一回中断して」



響「ほら、面妖号初期仕様のままだぞ!!」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「貴音はおっちょこちょいだなー」

貴音「新生面妖号にて、再戦です!!」カアァ

響「よし!!」



『GO!!』

響「うぎゃあ!!」

貴音「なんという速さ……!!」






貴音「やりましたああああああああ!!」1st

響「くぁー、負けたかー」2nd


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「もしかして今のわたくしなら……」



貴音「響」

響「挑みにいくんでしょ? ……『オーバルサーキット』」

貴音「……っ」コクン

響「狙えるよ、表彰台」ニカッ






貴音「……ありがとうございます!!」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『GO!!』

響「スタートダッシュだ貴音!!」

貴音「今までのわたくしとは違うのですよ!!」






ブウウウウウウウン!!

響「速い、速いよ貴音!!」

貴音「落ち着いて、押し過ぎず……」

キュッキュッキュッキュッ!!


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「こんなに、短いコースだったのか……」

貴音「漸く本性を現したようですね、『おぉばる』」



響「そのまま!! いけるぞ!!」

貴音「はあっ、はあっ!!」

ググググググググ!!



響「貴音、ラスト1周!!」

貴音「くっ、んんっ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なるべく内側を!! 最短距離を意識して!!」

貴音「分かっています!! こうでしょう!!」






貴音「し、しまっ」

ク、クル

響「っ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『よろしくお願いしますね、面妖号』

『次は必ずや、きちんと走破してみせますから』

『どのちょろQよりも、面妖号、あなたが一番ですよ』






―――――――面妖号!!






貴音「はあっ!!!!!!」グッ

キイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「これは、もしかして……、ドリフトってやつじゃ……」

貴音「面妖号!!!!」

ビュウウウウウウウウウン!!

『FINISH』ピコン









『2nd』パッ

響「やったああああああああ!!!!」ダキッ

貴音「あああああああああああ!!!!」ヒシッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「やりました!! わたくしは遂に!!」

響「見てた!! 自分ちゃんと見てたぞ!!」

貴音「この時をどんなにっ……!!」ポロポロ

響「うん……、うん……!!」グスッ






貴音「面妖号……!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「でも、これで終わりじゃないぞ」

貴音「ここからはいよいよ、他のこぉすへの挑戦が始まります」

響「いけるさ、……貴音なら」

貴音「響、あなたも共に、ですよ」

響「面妖号とチョロ丸も……!!」

貴音「ふふっ、頼もしい限りです」

響「早速、次のコースだぞ!!」

貴音「はいっ!!」






貴音「わたくし達の戦いは、まだまだこれからです!!」

                          終


☆ :おまけ 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『都市伝説』

真美「ねぇねぇはるるん、三回聞くと死んじゃう曲ってなんだっけ?」

春香「それ聞いたことある、なんだっけ……」

春香「あ、『エリーゼのために』だよ」

真美「それそれ!! でも、そんなの信じられないよね→」

春香「そんな事いったら私なんか十数回聞いてるよ?」



真美「不死身のはるるん」ドヤ

春香「えー、かわいくないなぁ」



『テレテレテレテレレン♪』

貴音『くっ……』10th






貴音「清掃車に抜かれた回数など百は超えて……」ガクガク


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『コインキャッチレース』

響「よし、一枚目!!」

響「ラッキー、二枚目もすぐ見つかっ」

貴音「三枚目です」

響「なっ!?」

貴音「四枚目、わたくしの勝ちですね」

響「は、早過ぎるぞ……!!」

貴音「ふっ」ドヤァ






貴音(まさか『してぃ』を延々とぐるぐる回って遊んでいたのが役に立つとは……)


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『体感レッスン』

貴音「響は曲がる際、はんどるの返しが甘いのです」

響「うーん、どんな感じにすればいいんだ?」

貴音「こう入ったら……、こうです!!」フリッ

響「こう入って……、こうか?」フリ

貴音「違います!! このように!!」フリッ

響「こ、こうか!!」フリッ

律子「こら!! アイドルがむやみやたらにお尻を振らないの!!」






P(眼福眼福)ニヘラ

やよい「うわぁ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『現実』

P「貴音、お疲れ様」キリッ

貴音「あ、あなた様」ポッ

貴音「どうしてここに……?」

P「いやあ、向こうの収録が早く終わってさ」

貴音「わざわざ迎えに来てくれたのですか」

P「なんとか間に合ってよかったよ」

P「さあ、乗った乗った」

貴音「ふふっ、ありがとうございます」



ブーン キィー

貴音「全然違います!! もっと車体を滑らせて!!」グイッ

P「や、やめっ!! 危ない!! うわあああああああああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『ミステリーハウス』

貴音「響、この『みすてりぃはうす』はとても恐ろしいこぉすなのです」ガタガタ

響「自分、お化けとかへっちゃらさー!!」

貴音「自分以外のちょろQの色が真っ黒になっているのです」

響「別に怖くなんかないぞ?」

貴音「さらにはピアノが勝手に曲を奏でたり」

響「んー、なんかありがちだな」

貴音「……何故か万年最下位の清掃車が一位になるのです」



『テレテレテレテレレン♪』

響「うぎゃああああああああああ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『水陸両用』

貴音「げぇむのちょろQは水の中でも走る事が出来ました」

貴音「ならば、この面妖号も走れるとは思いませんか」

響「そ、そうだなー、走れるに違いないさー」

カチカチカチカチ

貴音「信じていますよ、面妖号」

カチッ

貴音「さあっ!!」



ブクブクブクブク

響「……」

貴音「……」

響「……沈んだな」

貴音「……はい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『天才肌の敗北』

貴音「美希は何でも簡単にこなしてしまいますからね」

響「皆が出来ないものでもあっという間に終わらしてたりするからな」

美希「うーん、そうかな?」クイッ

貴音「真、羨ましい限りです」

響「カンペキな自分でも、憧れるさー」

美希「ありがとなの」






『10th』

美希「」

貴音「美希、まだまだですね」プゲラ

響「えー、美希でも出来ないのかー」プゲラ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『タマネギ貴音』

美希「せ、先生と呼ぶの!!」

貴音「直線もかぁぶも、全ては心です」ドヤ

美希「お手本を見せて欲しいの」

貴音「……いいでしょう」






『4th』

貴音「まぁ、こんなものでしょう」ファサ

響(守りにいったな)


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『マッドスペシャル』

貴音「あの常に一位のちょろQはいったい……」

貴音「異常なまでの加速力」

貴音「直線での伸び」

貴音「曲がり角で見せる切れのある動き」

貴音「動と静のめりはり」

貴音「うーん……」



雪歩「きゃあああああああ!!!!」

貴音「何奴!?」

カサカサ

貴音「……はっ!?」
 
                                                                       今度こそ終