※若干の手直しがあります



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


小鳥「ライブのポスターが完成したから、チェックしといてねー」バサッ



美希「ふふん、今回もキラキラ出来てるの」

真美「やばい、真美チョ→せくち→」

やよい「元気いっぱいにうつってるかなーって」

春香「良かったー、ちゃんと撮れてて」

千早「私も、問題は無いわね」

真「かわいく撮れてるじゃないか雪歩」

雪歩「ま、真ちゃんもだよ!!」







貴音「……っ」ギリギリ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

カワイイノー
タクサントッタカラネェ
ワイワイガヤガヤ

響「うん、今回も自分カンペキ……、貴音?」









貴音「……」ギリギリ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ねーえ、貴音ってば」

貴音「今回も、です」

響「えっ」

貴音「……いえ、何でもありません」

響「貴音もバッチリだったな!!」

貴音「……申し訳ありません、わたくしお花摘みに」

ガチャ

バタン






響「貴音?」

春香「どうしたの?」

響「い、いや」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「今回も、でした」

貴音「分かり切っていたことなのに」

貴音「何故、わたくしは期待していたのでしょう」



貴音「……何故」

貴音「何故、何故っ、何故っ!!!!!!」バンッバンッ

貴音「はあっ、はあっ」

貴音「何故、何故わたくしはいつも……!!」






貴音「立ち位置が端なのでしょうか……っ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……いけません」

貴音「泣いては、泣いてはなりません」

貴音「わたくしには、やらねばならないことがあるのです!!」






貴音「……待ちましょう」

貴音「彼女を待ちましょう」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「貴音戻って来ないなぁ」

響「もしかして調子悪いのか……?」

響「大丈夫かなぁ」

ガチャン






伊織「戻ったわよー」

亜美「だだいま→」

あずさ「ただいま戻りました」

律子「戻りましたー」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

小鳥「はい、お疲れ様」

美希「おかえり、デコちゃん」

伊織「デコちゃんゆーなっての」

小鳥「これ、次のライブのポスターですから」






律子「おっ、良く撮れてるじゃない」

亜美「やばい、亜美チョ→かわい→」

伊織「まあまあ、ってところかしらね」

真美「いおりん、おクチがニヤついてますぞ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

やよい「あずささんもとってもキレイですっ」

あずさ「ふふっ、そうかしら?」

春香「流石あずささん、大人のミリョクですよ」チラ



千早「そこでどうして私を見るのかしら、春香」

春香「気のせいですよ、気のせい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「やっぱりすごいなぁ、あずささん」

あずさ「そんなことないわよ?」クス

雪歩「それに比べて私は……、ひんそ」

響「やめやめ」

ダッテワタシナンテェ
ソンナコトナイッテ
ソウデスヨー?
アハハハ






貴音「……あずさ」ボソッ

あずさ「きゃあ!!」ビクッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

あずさ「た、貴音ちゃん?」

貴音「少しお話が」

あずさ「何かしら?」

貴音「こちらへ」スタスタ

あずさ「え、えぇ」スタスタ






響「あれ、貴音は?」

真「……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「先程のぽすたぁ、ですが」

あずさ「みんなかわいく写ってたわね」

貴音「ええ、真に」

あずさ「あのポスターがどうかしたの?」






貴音「あずさも、端でしたね」

あずさ「……端?」

貴音「もうみなまで言わずとも分かるはずです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

あずさ「……っ」

貴音「あずさ」



あずさ「みんなのところに戻ってもいいかしら?」

貴音「分かっているのでしょう?」

あずさ「……貴音ちゃん、この話はもうやめにしましょう」

貴音「逃げてはなりません」

あずさ「ほら、貴音ちゃんも戻りましょ?」クイッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「貴女はいつも感じていたはず」

あずさ「……貴音ちゃん、もうやめて」

貴音「何故、私の立ち位置は」

あずさ「やめなさい」

貴音「どの写真、どのぽすたぁでも」

あずさ「やめなさい!!」






貴音「私は端にいるのだろう、と」

あずさ「やめてっ!!!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

あずさ「うぅ、どうしてこんなこと……」

貴音「申し訳ありません、貴女を責めるつもりは無かったのです」

あずさ「私だって……、私だって……!!」

貴音「大丈夫ですよ、あずさ」ダキッ

あずさ「貴音ちゃん……」ギュッ

貴音「わたくしも、いつもおりましたから」



貴音「あずさの側、そして同じ場所に」ポロポロ

あずさ「……っ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ずっと辛かった、あずさも、そしてわたくしも」

あずさ「……ええ、苦しかったわ」



あずさ「真ん中に写る子達が、とても羨ましくて」

貴音「そして、憎かった」

あずさ「……ええ」

あずさ「憎かった……、いや、憎いわ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「今こそ、皆に知らしめる時です」

貴音「自分達がどれだけ恵まれているのかを」

あずさ「そして、自分達のせいで影になる存在がいたという事を」









真「貴音、あずさ」

貴音「っ!?」ビクッ

あずさ「ど、どうしたの真ちゃん?」

真「あのさ」






真「ボクも混ぜてくれないかな?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「そういえば真も、でしたね」

真「一番端っていうのはそこまで多くないかもしれないけど、必ず後ろの方だった」

あずさ「さっきのポスターもそうね」

真「いつも二人が苦しんでいるのだって、知ってた」



真「だけど、ボクも自分の気持ちを抑えるのに精一杯で」

真「自分の事しか……、考えられなくて……」グッ

あずさ「大丈夫よ、真ちゃんは優しいのね」

貴音「ええ、そのように想ってくれていただけでも十分ですよ」

真「あずささん、貴音……」ポロポロ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「一緒に来てくれるのですか、真」

真「ボクも、力になりたいんだ」ゴシゴシ

あずさ「ふふっ、頼もしいわ」

貴音「では、今度こそ」






貴音「皆に思い知らせてやりましょう」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

春香「これじゃ衣装も楽しみだねー」

真美「フリフリかねぇ?それともピカピカかねぇ?」

やよい「でも、お金がもったいないから前のでも私は構わないかなーって」

伊織「そ、それはちょっと……」

亜美「けっ、これだからオジョ→様は」

美希「デコちゃんなの」

響「確かに前の衣装も良かったからなー」

千早「私には露出が多くてちょっと」






バンッ!!

一同「」ビクッ

貴音「申し訳ありません」

貴音「ですが皆に、聞いてほしい話があるのです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「どうしたのよいきなり」

美希「あずさも真クンもちょっと怖いの」

あずさ「これを見てもらえるかしら?」パサッパサッ

春香「さっきのポスターに、前のライブのポスター?」

真「これも」サッ

千早「765プロオールスター写真集?」

貴音「ええ、そうです」

貴音「765ぷろあいどる全員での写真です」

響「どうかしたのか?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「これらの共通点、分かりますか?」

真美「共通点?」

雪歩「何だろう……」

美希「ミキが一番キラキラしてる所なの!!」

春香「えー」

真美「それはないね→」

やよい「みんな同じくらいキラキラしてますよ!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

亜美「分かった、全部いおりんのおデコがキラキラしてるんだ!!」

美希「オデコサンシャインなの」クスクス

伊織「どこをどう見たらそうなるのよ!!」

ギャーギャー
ワーワー






真「……真面目な話だよ!!」バンッ

一同「」ビクッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

千早「もしかして、位置?」

貴音「その通りです、千早」

美希「……位置?」

あずさ「立ち位置よ」

貴音「わたくし達の立ち位置がいつも同じ、端なのです」






やよい「えっ」

春香「あ、本当だ」

美希「確かに、端っこなの」

あずさ「やっぱり、その程度しか思わないのね」グッ

真「みんな、軽く思ってるよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「分からないのでしょう、中央に立つ者達は」

あずさ「端に立つ人達の気持ちなんか、考えたことも無いわよね」

伊織「あずさ、そんな言い方はないで」

真「黙れ!!」

伊織「」ビクッ



真「伊織にボク達の苦しみが分かるのか!?」グイッ

雪歩「真ちゃん!!」

春香「ダメだよ真!!」

伊織「な、何よ……」ガクガク

真「どうせ心の中では馬鹿にしてるんだろ!? あいつらまた端っこだって!!」グググ

美希「真クン!!」

真「美希も黙ってろよ!!」



真「くそっ」パッ

伊織「う、うぅ……、ぐすっ」

真「くそっ、くそっ、くそっ!!!!」ダンダン


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

春香「た、たまたまじゃ……」

あずさ「……っ!?」

貴音「貴女がそれを言うのですか!?」

春香「ひっ」ビクゥ



貴音「では、いつも真ん中にいるのは誰ですか?」

貴音「天海春香、答えなさい」

春香「それは……」

貴音「誰ですか? ほら、早く」

千早「……四条さん、こんな事もうやめましょう」

貴音「こんな事、ですか」



貴音「ふふっ、千早も真ん中にいますからね」

貴音「でも私は、天海春香に聞いているのです」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「そこをどきなさい」

千早「……嫌です」

貴音「どきなさい!!」

千早「絶対に嫌です!!」






あずさ「千早ちゃん」

あずさ「貴音ちゃんの言う事を聞きましょ?」

あずさ「さもないと……」

真「動かないでね?」ガシッ

やよい「きゃあ!!」

千早「高槻さん!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

千早「くっ……」

亜美「律ちゃん、あずさお姉ちゃんを……」

律子「あぁ……、あぁ……」

真美「律ちゃん?」






律子「……わ、私」ガクガク


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

律子「私も、気付いてた」

律子「アイドル時代から」

美希「り、律子?」

律子「私は、ずっと待っていたの」

律子「ずっと、ずーっと、待っていたの」

貴音「いつか真ん中に写る時が来る、と」

律子「私、私……」

あずさ「律子さん」






あずさ「こっちですよ」ボソ

律子「あずさ、さん」ポロポロ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

雪歩「り、律子さん!!」ギュッ



雪歩「い、いっちゃだめです!!」

律子「でも、私は、私はね……」ポロポロ

真「雪歩だって、そう思ってたろ?」

雪歩「っ!!」

真「雪歩はボクの味方じゃないんだ」

雪歩「っ!?」

真「雪歩なんて、キライだ」

雪歩「そ、そんな……!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「一緒に来なよ」

律子「そうなの、私はずっと」ポロポロ

あずさ「律子さんも、可哀想よ?」

雪歩「で、でも……」

真「ボクを信じてよ、雪歩」

雪歩「真ちゃん……」









雪歩「分かった」ポロポロ

雪歩「私も、そっちにいくね?」

亜美「ゆきぴょん!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「やよい、おとなしくしててね?」パッ

やよい「はい……」ポロポロ



雪歩「真ちゃん……」

真「雪歩……」ダキッ



あずさ「律子さん」

律子「あずささん、私、私ね、ずっと気付いて欲しかったの」ポロポロ

あずさ「よしよし、もう大丈夫」ナデナデ

律子「言いたかったの、苦しかったの」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

美希「雪歩まで……」

亜美「ねぇ真美、一体どうすれば……」

真美「なんかさ、真美」






真美「こっちにいたらおかしいよね?」

亜美「え……?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真美「どうして、真美は真ん中にいないのかな?」

亜美「や、やだよ?真美、ダメだよ?」

真美「どうして、真美は真ん中じゃないのかな?」

亜美「お願い、真美、やめて……!!」

美希「真美、しっかりするの!!」

真美「いいなぁミキミキは、真ん中にいつもいるし」

真美「亜美だって、竜宮小町だもんね」

亜美「真美、やだ、いかないで」

真美「真美とちょっとしか変わらないのに、竜宮小町だもんね」






真美「真美も、そっちにいかなきゃ」ポロポロ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

亜美「真美、そんな……!!」

美希「も、もう……」






真美「お姫ちん、真美はここにいて良いんだよね?」

貴音「今までよく我慢してきましたね、真美」

真美「そう、だよね」

真美「真美は我慢してきたんだよね」

真美「心が痛くて、胸が締め付けられるのだって」

真美「気のせいじゃ、なかったんだよね」ポロポロ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「それで」

真「いつまでだんまりを決め込むつもりだい?」






真「響」

響「……っ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「まさか自分が真ん中に写ってた、なんて思ってないよね?」

あずさ「そんなことないわよね?」

響「……こんなの、おかしいぞ」



真「響?」

響「間違ってる」

あずさ「響ちゃん」






響「自分は、いかない」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「自分達に、端も真ん中もないよ」

響「少なくとも自分は、そんなこと気にしてない」

響「ファンなら自分がどこに居ようとも、自分を見てくれる」

響「どこに居ようとも、応援してくれるんだ」

響「こんなことで、仲間を傷つけるなんて」

響「間違ってるよ」

貴音「……っ」





響「貴音、お願い」

響「もうやめようよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「……私が」

響「貴音……」

貴音「……私が間違っていたのかもしれません」

響「うん」






貴音「話が通じないなら、実力行使に出るまでです」

響「っ!?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ふふっ、怖がらなくても大丈夫です」

響「貴音、目を覚まして……」

貴音「覚まさなくてはいけないのは響の方ですよ?」

響「く、来るなっ……!!」

貴音「無駄ですよ、大人しくした方が響のためです」

響「いやだ……!! 来るなぁ!!」






ポスッ

響「っ!? だ、だれ……?」



小鳥「つかまーえたっ♪」ガシッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「上出来ですよ、小鳥嬢」

響「いつの間に……」

小鳥「ずっといたのよ?」

小鳥「ただ、私も色々抑え切れないものがあって席を外してたの」

響「そんな……」

貴音「小鳥嬢もわたくし達以上に端ですからね」

響「だって、ぴよ子は……」






小鳥「事務員だから?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

小鳥「事務員だから端?」

小鳥「プロデューサーだから端?」

小鳥「背が高いから端?」

小鳥「髪の色が特徴的だから端?」

響「やめて……、もう……」

小鳥「響ちゃんも結局、そういう考えしか出来ない子なのね」

貴音「失望しましたよ」



響「は、はなしてぇ!!」ジタバタ

小鳥「貴音ちゃん、おねがい」

貴音「ええ、分かっております」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「やだ、たすけ、誰かぁ!!」

貴音「ふふっ、手がかかりますね」

響「貴音、お願い、やめて……」

貴音「怖くなんてありませんよ」

響「い、いやっ、いやあっ!!!!」

貴音「まったく、困った子です」






貴音「響」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

高木「おっ、これは次のライブのポスターかね?」

小鳥「ええ」

高木「良く出来てるじゃないか」

高木「・・・・・しかし、なんだね」

高木「プロデューサーは、最近この構図が気に入っているのかな?」

小鳥「……はい?」

高木「円状に皆の写真を置くこの構図だよ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

高木「私も良いとは思うのだが、こう何回もこの形だとどれがどのライブのポスターか分からなくなりそうだ」

小鳥「そんなことありませんよ」



小鳥「それぞれ、皆の場所が変わってるじゃあないですか」

高木「そうだったかな? これだから年は取りたくないねえ」ハハハ

小鳥「ふふっ、ダメですよ? ちゃんと見なきゃ」












小鳥「せっかく、端も真ん中も無くなったのですからね」

                           終