※若干の手直しがあります。



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「うーん……」

響「えっと……」

響「分からないぞ……」



ガチャ

貴音「おはようございます」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「むむむ……」

貴音「今日は早いですね」

響「あ、貴音おはよう」

貴音「どうかしたのですか?」

響「物の名前がでてこないんだ……」

貴音「名前?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「うん、よくスーパーとかで見かける袋なんだけど……」

貴音「袋、ですか。それは一体どのような袋でしょうか」

響「透明っぽいやつだぞ」

貴音「びにぃる袋ではないのですか?」

響「うーん、ビニール袋とはまたちょっと違うと思う」



響「こう、薄くて、ロールになってて」

貴音「巻物の様に、ですか」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「魚のパックとかを入れるのに使うんだぞ」

貴音「なにゆえに」

響「他の物が濡れないように」

貴音「ほぅ」

響「他にも、ドライアイスを入れたり」

貴音「どらいあいすですか、分かりません」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ドライアイスはアイスが溶けない為の、えっと、保冷剤みたいな物だぞ」

貴音「あぁ、あいすなのですね、承知しました」

響「……まぁ、いいや」

響「と、とにかく主婦にとっての心強い味方なんだ」フンス

貴音「真に、便利な袋なのですね」ウンウン

響「分かった?」



貴音「いえ、さっぱり」

響「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「……やっぱり出てこないぞ」

貴音「申し訳ありません、響」

響「貴音は何も悪くないぞ、自分が思い出せないだけで……」

響「うぅ、気になるなぁ」

貴音「二人では埒があきません」

貴音「誰かに力を借りる事にしましょう」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「……というわけで、ぴよ子知ってる?」

小鳥「あれでしょう?あれよね」

貴音「知っているのですか!!」

小鳥「ええ、よく使うわよ」フフン

響「やったぞぴよ子!!あれ何ていうんだ?」キラキラ

小鳥「なんだけど、よく使うんだけど……」

貴音「はい」

響「……だけど?」







小鳥「私ビニールって呼んでるのよね、あれのこと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「」

貴音「」

小鳥「……ごめんね」テヘピヨ



響「」

貴音「」

小鳥「ご、ごめんなさい」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「……がっかりだぞぴよ子」

貴音「貴女には失望しました」ハァ

小鳥「」

響「貴音、ぴよ子はあてにならなかったな」

小鳥「ほ、本人の前で」

貴音「そうですね、次は『頼れる』人をあたりましょう」

小鳥「貴音ちゃんまで!?」






響「行こう貴音、ピヨが移るぞ」

貴音「ええ」

小鳥「そんなぁ……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「何だったかなー」

貴音「おや、誰か来るみたいですよ?」






タッタッタッ

バタン

真「おはようございまーす」

響「おはよう、ナイスタイミングだぞ」

貴音「真、良きたいみんぐですよ、真」

真「うん?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「どうしたの?」

響「実は……」







貴音「という訳なのですが、どうでしょうか」

真「うーん、よく破裂させて遊んではいたんだけど……」

真「ごめん、名前までは知らないや」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「そっか……」

貴音「仕方ありませんよ」

貴音「因みに破裂させる、とは?」

真「あの袋にふーっ、って息を入れてから口をねじるんだよ」

真「そしたら思いっきり踏んづけると『パァン!!』って」

貴音「面妖な」

真「それがなかなかクセになるんだよねー、って響?」

響「破裂……、破裂……」ブツブツ

貴音「どうしたのですか?」

響「っ!! ……な、なんでもないぞ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「あ、やよいなら」ポン

貴音「はい?」

真「やよいなら分かるんじゃない?よくスーパー行ってるし」

貴音「盲点でした」

貴音「やよいは……、まだ来てない様ですね」

真「一緒に待つよ、ボクも気になるし」

響「薄くて……、透明……」ブツブツ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

トンットンットンッ

ガチャ

やよい「おはようございまーす!!」

貴音「おはようございます」

真「今日も元気だね」

やよい「ふふっ」






響「やよい!!」ガシッ

やよい「わわっ!?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「袋の名前!!」

やよい「えっ」

響「薄くて透明な破裂する袋!!」

やよい「ひ、響さん……?」

真「ちょっと響……、落ち着いて」

貴音「響?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「くるくるって!! 濡れないように!!」ユサユサ

響「やよい!! はやく、くるくる!!」



響「名前!! ねぇ名前!! やよ、うぅ!!」

やよい「きゃあああああああ!!」グワラグワラ

貴音「やめるのです響!!」

真「響!! 何やってるんだよ!! 貴音、そっちをおさえて!!」ガシッ

響「うがああああ!! なまえ!! なまえええええ!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

小鳥「……どうしたの、って響ちゃん!?」

真「小鳥さん!! 手伝って!!」

貴音「響……!! 響……!!」

響「うがああああ!!」

やよい「ぐすっ、うぅ」

真「落ち着いて!! 貴音、しっかりおさえて!!」

貴音「お願いですっ……!! 響……!!」

響「ああああ!! うわああああ!! ああああ!!」

小鳥「きゅ、救急車!! やよいちゃん!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

やよい「ひぐっ……、えぐっ……」

小鳥「やよいちゃん!!」



響「んぎぁ!! なあああ!! やああああ!!」ブンブン

真「うわあっ!!」 貴音「ぐっ!!」 小鳥「きゃあ!!」ドガッ






響「はあぁ、んがあぁ、うわああああ!!」ダッ

やよい「きゃああああ!!」

響「うぅ!! ぐうぅ!!」グググ

やよい「ぐ、ぐるし……」

響「があああ!!」ググググ

やよい「たっ……、ひゅひぇ……!!」

真「やめろォ!!」ドンッ

響「うぐっ」

小鳥「やよいちゃん……!!」

やよい「ごほっ、ごほっ!!」

貴音「うぅ……」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「んがああああ!!」ボコッ

真「んぐっ!?」

響「ふううう!! ふううう!!」

真「うっ……、っ!?」ヒクン






真「ぐ、かはぁ、おえっ、えっ、えぐっ、うえええ」ビチャビチャ

小鳥「……真ちゃん!!」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「ごほっ、おえええ、かふっ、えっ、えくっ」ビチャビチャ

やよい「はあっ……、はあっ……」

小鳥「うっ、あぐぐ」フラフラ






小鳥「響ちゃん……!!」ガシッ

響「はああああ!! ああああ!!」

小鳥「お願い……、お願いだから……」ギュウ

響「んがああああ」ガブッ

小鳥「んっ!?」

響「ぐっ、ぐうううう!!」ギリギリ

小鳥「ああああ!!!!」



響「ぐあああ!!!!」ギギギギ

小鳥「大丈夫、大丈夫だから……!!」ボタボタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

真「うぅ、ふうぅ、うえっ」

やよい「うぅ……、うあっ……」

小鳥「……ちょっと疲れちゃっただけ、よね?」

貴音「小鳥……、嬢……?」

響「うがああああ!!」グチュ

小鳥「大丈夫、響ちゃんは大丈夫だから」ボタボタ

貴音「な、なにを……」

小鳥「良い子だから……、ねぇ……?」

ガチャ



響「うううう!!」グギギギ

貴音「小鳥嬢……!?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

小鳥「ふふっ……、響ちゃんは何も怖くないからね……」

やよい「こ、ことりさん……?」

響「うがああああ!!」

小鳥「うん……、うん……」

響「うわああああ!!」バタバタ



小鳥「大丈夫」






小鳥「私が守ってみせるから」






ガンッ



ガンッ

ガランッ

ガタンッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

P「貴音は?」

律子「肋骨がまだ少し……、でも大分良くなってきたそうです」

律子「先生も、あと二週間もすれば退院出来ると」

P「そうか、……良かった」






P「小鳥さんは」

律子「まだ身体は起こせませんが、会話は出来るように」

律子「今は真とやよいが側に付いてます」

P「……っ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

律子「……ホントに、良かった」



律子「私、一時はもうダメかもって」



律子「本当に、小鳥さんが死んじゃうって……!!」

P「……あぁ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

P「正直な話……、良く助かったと思う」

P「頭から階段を転げ落ちたんだ、……響を庇いながら」



律子「……響」

P「……さっき行って来た、アレ持って」







律子「……タイミーロール、ですか」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

「あはははは」

「ふーっ、ふーっ」

「くるくるくる」

「ぱぁん」



「ぱぁん」






「ぱぁん」












「ぱぁん」
                           終