☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「貴音」

貴音「なに?」

響「あのさ」

貴音「えぇ」






響「なに?」

貴音「ふふっ」




☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「それはどうかと」

貴音「同感です」

響「ビックリしちゃった」

貴音「うわぁあ」






響「う、うわぁあ?」

貴音「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「うぎゃあ、じゃなくて?」

貴音「似たようなものです」

響「こだわってます」

貴音「えっ」

響「我那覇さん、こだわってます」

貴音「なんと」






響「じゃなくて」

貴音「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「じゃなくてさ」

貴音「はい」

響「重要な話」

貴音「重要」

響「真、重要な」

貴音「ほぅ」






響「暇だぞ」

貴音「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「暇」

貴音「重要?」

響「暇なの」

貴音「否めませんが」

響「テレビでも」

貴音「観ましょう」






響「ほら、付けて」

貴音「なんと」ピッ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『ワルキューレ、自伝出版』

響「ふーん」

貴音「良いですね」

響「そう?」

貴音「えぇ」

響「出してみたら?」






貴音「本を?」

響「うん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「そうですね」

響「タイトルが重要ですよ」

貴音「えぇと」

響「ずばり」






貴音「『悲しみを越えて』」

響「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いかがで」

響「自伝?」

貴音「小説です」

響「えっ」






貴音「えすえふ小説」

響「なんと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「目指せ景清賞」

響「ぐぬぬ」

貴音「どうしましたか」

響「自分も出す」

貴音「たいとるは」






響「『見下ろした悲しみを』」

貴音「あっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「三島賞間違いなし」

貴音「いけません」

響「オリジナルなの」

貴音「盗作ですよ、盗作」

響「人聞きの悪い」

貴音「ほぅ」






響「君は人聞きの悪いことを言う」

貴音「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「やめてくれたまえ」

貴音「君とは」

響「ホントにやめて」

貴音「本だけに」

響「うん」

貴音「ほぉん」






響「はぁ」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『パック、食事制限に挑む』

響「食事制限だってさ」

貴音「ですね」

響「偉いね」

貴音「えぇ」

響「偉いと思う」






貴音「なにか」

響「いやいや」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「いいえ」

響「なんでもありませんが」

貴音「言いたげな」

響「そんなことない」






貴音「真で」

響「うん」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「ならよろしいのですが」

響「でもさ」

貴音「なにか」

響「自分だったらするよ?」

貴音「えっ」






響「自分が四条だったらするけどね」

貴音「響」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なんでもない」

貴音「なにをするのですか」

響「いやいや」

貴音「申せ」






響「えぇ、申しますと」

貴音「ふふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「わたくしめが四条貴音であったのならば」

貴音「『銀色の王女』であるわたくしであったのならば」

響「そのだらしがない食生活を改めます」

貴音「だらしのない食生活を」

響「はい」

貴音「なるほど」

響「その醜悪に獲物をむさぼり尽く」






貴音「はやああああ!!」ギュム

響「いひゃいいひゃい!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「失礼な」

響「だって」

貴音「『みす・ふぃんがぁぼうる』に対して」

響「飲んじゃったんでしょ」

貴音「飲みませんよ」

響「ホントに?」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「どこぞのごぉや娘じゃありませんし」






響「うるさい」

貴音「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「君は騒がしい口を持つ」

貴音「待ちなさい」

響「その減らず口を毟ることが私の夢で」

貴音「響」

響「はい」

貴音「飲んでしまったのですか」






響「でも律子だって飲んだことあるって」

貴音「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「『どこの名水かしら』」

貴音「や、やめなさい」フルフル

響「『ナンジャ産に決まってるんだから!!』」

貴音「響」フルフル

響「これだから素人は」

貴音「どの口でそれを」

響「困っちゃうね」

貴音「まったく」

響「ねぇ」






貴音「『だらしのない』とは!!」ギュム

響「いひゃひゃひゃ!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なんと失礼な」

響「そ、そっち?」

貴音「聞き捨てなりませんね」

響「でも事実だと」

貴音「そんなことありません」

響「じゃあ」

貴音「はい」






響「いくらご飯のおかわりを?」

貴音「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「今日のお昼」

貴音「お、お昼ですか」

響「何回されましたか」

貴音「それは」

響「さあ」






貴音「一回」

響「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「一回です」

響「ホントに?」

貴音「はい」

響「どんぶりだったとか」

貴音「お茶碗でした」

響「なんと」






貴音「二杯目は少なめで」

響「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「残してしまうところでした」

響「なんと健康的な」

貴音「四条ですから」

響「流石じいや」

貴音「わたくしが自発的に」

響「ほぉん」

貴音「『摂生と共に』」






響「ベストセラーだ!!」

貴音「ふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『タキ、初めてのパンに大満足』

響「この前ね」

貴音「はい」

響「ふと揚げパンが食べたくなって」

貴音「きなこ」

響「いや、砂糖の」






貴音「認めましょう」

響「ありがとうございます」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「作ったのですね」

響「買いに行っちゃった」

貴音「すぅぱぁで」

響「パン屋さんで」

貴音「ほぅ」

響「美味しかった」

貴音「そうですか」






響「んふっ」

貴音「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なんでさ」

貴音「なにがです」

響「もっと食いついてよ」

貴音「ぱんだけに?」

響「違う」






貴音「ち、違う?」

響「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「違うのですか」

響「全然違う」

貴音「全然ですか」

響「はい」

貴音「失礼しました」

響「気を付けて」

貴音「えぇ」






響「じゃなくてさ」

貴音「ふふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「『ぱん!? わたくしの胃がうずきます!!』」

貴音「はい」

響「『今すぐ、今すぐにそのぱん屋に案内しなさい!!』」

貴音「ふむ」

響「『麦が!! 練られた麦がわたくしを呼んでいますゆえ!!』」

貴音「響」

響「うん」






貴音「わたくし、『一杯半の女』ですので」

響「はっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「そのようなはしたない物言いはちょっと」

響「忘れてた」

貴音「はい」

響「自分すっかり忘れてた」

貴音「気にしないで下さい」






貴音「響ですし」

響「待って」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「我那覇響ですもの」

響「ちょっと分からないかなーって」

貴音「それも響ですし」

響「」

貴音「出てしまうものです」

響「出ないぞ」






貴音「歳を重ねた聡明さは」

響「ぐぬぬ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「滲み出てしまうのですね」

響「もうやめる」

貴音「私の背丈を羨むことを?」

響「話の続きをすることを」

貴音「ちなみにどのような話で」






響「昨日あの揚げパンを自分でも挑戦してみた云々」

貴音「えっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「揚げぱん!? わたくしの胃がうずきます!!」

響「はい」

貴音「今すぐ、今すぐに響の家に案内しなさい!!」

響「ふむ」

貴音「麦が!! 揚げられた麦がわたくしを呼んでいますゆえ!!」

響「貴音」






響「『獲り逃がしたお魚は』」

貴音「そんな」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「大きかったね」

貴音「悔やみます」

響「ホントのところはさ」

貴音「全部食べてしまったのでしょう」

響「上手く出来なかったんだよね」

貴音「そうですか」

響「うん」






貴音「騙しましたね」

響「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

『吉光、暇をもてあます』

響「貴音」

貴音「はい」

響「結局さ」

貴音「わたくし達」






響「暇」

貴音「ですね」

                    終


☆ :おまけ 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

律子「うっ」ポロポロ

真「よしよし」

律子「だって」ポロポロ

真「しょうがないよ」

律子「出されたものは全部」ポロポロ

真「知らなかったんだから」

伊織「真」

真「あぁ、良いとこ」






伊織「うっ」ポロポロ

真「」

                    今度こそ終