☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA


響「寒い」

貴音「はい」

響「でも暇で」

貴音「困りましたね」

響「うん」



貴音「では、☆1をしましょう」


☆1 :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

わほわほ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「わ、わほわほ?」 

貴音「えぇ」 

響「うん」 

貴音「わほわほ」キリッ 






響「んふっ」 

貴音「ふふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なにそれ」

貴音「なにといわれましても」

響「だって」

貴音「わほわほ」ドヤァ






響「くふふ」フルフル

貴音「んふふ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「やめて」

貴音「さあ響も」

響「やだ」

貴音「完璧なのでしょう?」

響「えっ」

貴音「響は完璧なのでしょう?」






響「カンペキじゃないよ」

貴音「なんと」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「これは四条の家に伝わる云々」 

響「じいやに聞いてみてもいい?」 

貴音「いけません」 



響「気を取り直して☆2」


☆2 :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

春香にイタ電


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なりません」

響「貴音」

貴音「はい」

響「アイドルだから」

貴音「えっ」

響「自分たち、アイドルだから」






貴音「いやいや」

響「んふっ」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「大丈夫だって」

貴音「なにゆえ」

響「春香も多分暇だもん」ピッ

貴音「むぅ」






響「もしもし」

貴音「わたくしは止めましたからね」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

春香『響ちゃん?』

響「いえ」

春香『えっ』

響「響ではありません」

春香『でも響ちゃんの番ご』






響「貴音でございます」

貴音「」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「ではさようならでございます」 

春香『絶対響ちゃ』ピッ 



貴音「さようならでございます?」 

響「左様で」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「全然似てないさー」 

響「0点」 

貴音「」 



貴音「次は☆3です」 


☆3 :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

乾布摩擦


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「却下です」 

貴音「なんと」 

響「貴音おばあちゃん一人で」 






貴音「最近耳が遠く」ギュム 

響「いひゃいいひゃい!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「銀髪だと何度いえば」 

響「我那覇響ちゃんに安物のタオルで云々」 

貴音「小鳥嬢が泣きますよ」 

響「知らないわよ」 






貴音「なによ!!」 

響「なんなのよ!!」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「きーっ!!」

響「私のセリフよ!!」

伊織「ちょっと」

貴音「ひゃくぱぁせんとなんだから!!」

響「うさちゃんなんだから!!」






伊織「やめて」ギュギュ

貴音「いひゃああああ」ジタバタ

響「いひゃひゃひゃ」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「タオル?」 

貴音「安物は認めないらしく」 

響「許さないわ」 

伊織「ハンカチならあるけど」サッ 

響「どれどれ」 






貴音「響?」 

響「」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「知らない」 

伊織「えっ」 

響「自分、こんな肌触り知らない」 

伊織「まぁ、それなりのではあるけど」 

響「てろてろしてる」スリスリ 

伊織「ち、ちょっと」 






貴音「響は初めてでしたか」 

響「えっ」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしは慣れ親しんでおりますが」 

響「た、貴音?」 

伊織「あの」 

貴音「四条貴音、ですから」 

響「そんな」 

伊織「ハンカチを」 






響「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ 

貴音「残酷とは現実で」 

伊織「だからハンカチを」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「びちゃびちゃじゃないの!!」 

響「ひっ」 

貴音「んふふ」 



伊織「もう☆4でもしてなさいよ!!」


☆4 :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

乳繰り合い


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「えっ」

貴音「なんと」

伊織「なによ!!」

響「なんなのよ!!」






貴音「きーっ!!」ギュム

伊織「いひゃいいひゃい!!」ジタバタ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なんと破廉恥な」

貴音「弁明の余地を与えます」

伊織「つ、使ってみたかっただけで」

響「ここは765プロ」

貴音「清く正しく元気よくの精神を」

伊織「だって……!!」






伊織「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

響「よしよし」ヒシッ

貴音「全ては世の中の闇云々」


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

伊織「ごめんなさい」 

響「うむ」 

貴音「ほら涙を拭いて」サッ 






響「てろてろしてる!!」スリスリ 

貴音「ふっ」 

伊織「これもなかなかの手触りね」サラリ


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「いいなー」スベスベ

貴音「わたくしの肌のようにきめ細やかな」

伊織「はいはい」



響「☆5にしよう」

伊織「私は遠慮しておくわ」

貴音「残念」


☆5 :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA



☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「はい」

響「カニ」

貴音「夕食に?」

響「鑑賞用に」






貴音「却下です」

響「えっ」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「食べてこそ蟹です」

響「そんなことない」

貴音「第一どうやって手に」

響「ユーフォーキャッチャー」

貴音「えっ」






響「ユーフォーキャッチャーで」

貴音「」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「本当にあるのですか」

響「たしかここらへんに」

貴音「いくらわたくしだからといって騙され」

響「あった」






http://i.imgur.com/bjYE8PM.jpg

貴音「はやああああ」

響「トーーーーイ」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「で、ではさっそく」

響「でっかい」

貴音「えっ」

響「すごいでっかいぞ、このカニ」

貴音「はい」






響「ちょっと飼えないかも」

貴音「」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「なんか足いっぱいあるし」

貴音「では夕食に」

響「食べたい?」

貴音「えっ」





響「いつから入ってるか分からないけども」

貴音「」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

響「水も取り替えてるのかな」

貴音「それでも響の調理で」

響「ちゃんとおいしくなるかな」

貴音「それは」






貴音「やめましょう」スタスタ

響「うん」スタスタ 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「そもそもに三百円なんて」

響「ねぇ」

貴音「贅沢な六つ足です」

響「どうせ取れないと思うぞ」






貴音「はぁ」

響「コンビニでもいこっか」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「わたくしたちには」パク

響「カニかまで十分かなーって」ムグ



貴音「癖になります」

響「止まらない」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「なんだか拍子抜けしました」

響「確かに」

貴音「蟹だけに」






響「うわぁ」

貴音「響」 


☆ :名無しに変わりましてうわあうな!! 0000/00/00(@) 00:00:00.00 ID:UwAAUnA

貴音「人になすりつけるとは」ギュッ

響「いひゃああああ!!」ジタバタ






貴音「事務所に戻りましょうか」

響「寒っ」

              終